圧着ハガキの魅力とは

圧着ハガキの魅力は、何と言っても費用が安くつく点にあります。封書タイプのダイレクトメールを送るときには、かなりの費用がかかってしまうものですが、圧着ハガキであればそもそも紙の量を圧倒的に削減することができます。その割には、通常のハガキとは違って内容を他人に見られてしまう心配がありません。ですから、IDやパスワードなどを記載しても情報漏えいの心配がない点が素晴らしいです。送る方も便利ですが、送られる方も無駄なゴミがでなくていいです。開くのは簡単なので、すぐに内容をチェックすることができます。個人ででもこうしたハガキは利用可能なので、内容を他人に見られたくないハガキを送るときには使ってみてもいいでしょう。個人ででも一枚からこうしたハガキを作ってくれる業者があります。多くのハガキを出さなくてはならない場合、経費削減効果は馬鹿になりません。

圧着ハガキの長所と短所

ダイレクトメールなどでよく利用される事の多いハガキに圧着ハガキがあります。通常のハガキと異なる点は、専用の接着剤がハガキに塗布されており、この接着剤は剥がれやすく引っ付かない特性があります。その為、機密性の高いハガキを送る際に重宝されており、また開く事が出来るので通常の倍の情報量を載せる事が出来ます。長所としては、情報を多く載せる事が出来る、開封したいという好奇心を煽る事で情報を見てくれる確立が上がる、ランニングコストも安いなどが挙げられます。逆に短所となってしまうのが、消費期限がある事です。接着剤が付着されているので通常のハガキに比べ印字の劣化を起こしてしまいます。また印字領域に制限があるので情報をまとめて伝えたい場合にスペースが足りないという事もあります。しかし、短所を含めても圧着はがきを利用する利点は多いのでお勧めです。

なぜダイレクトメールに圧着ハガキが選ばれるのか

企業が自社の商品やサービスを多くの人に知ってもらうためにする方法として、テレビCMや新聞、雑誌等に広告を出す方法が一般的ではあります。しかし、それだけではなく、他にもダイレクトメールを郵送するといった方法もあります。そして、このダイレクトメールは圧着ハガキを選ぶ企業が多いです。圧着ハガキというのは、ハガキが2つ折になっているもので、表や裏には一切重要なことは記載しないで、重要なものは折り込んだ内側に記載します。つまり、中身を空けないと、重要な情報を知ることができないということです。これは、ダイレクトメールとしては効果が高いです。送り主としては、通常の一般的なハガキのダイレクトメールを受け取っても読むまでもなく捨ててしまうことがあります。ですが、圧着ハガキでダイレクトメールを送れば、送り主は中身が見えないとつい開けたくなるという心理になります。ですから、一度は中身を見てくれます。企業としては、ダイレクトメールは送り主がまず見てくれないと販促効果がないため、こうした圧着されたハガキをダイレクトメールとして選んでいるわけです。

圧着2ツ折はがき1万部なら印刷、印字、区分、郵便料金込で1通あたり54.4円です。 最安で、安心のDMの作成、宛名印字、郵便料金、全てご提案できる体制が整っております! ムダな郵便料金を支払っていませんか?DMパックは広告郵便を利用したお得なDM作成をご提案しています。 Dmパックサービスでは印刷・加工から投函まで7~9営業日で完結いたします。 圧着ハガキのDMをお考えなら弊社まで

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)